制作実績

途―ソラサイド―

世界を震撼させたパンデミックの中で気丈に生きる2人の若き科学者。

ウイルス研究の末に彼らがたどり着いた「啓示」とは――。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344932777
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

目次

 

一  望郷

二  クラス会

三  銀河の中の生命

四  午後のアルハンブラ

五  ロヴァニエミの森

六  異変

七  科学と人間

八  結の決意

九  生の意味

十  ネット壮行会

十一 月天心

十二 自由とは

十三 ヒグラシの旋律

十四 そして何処へ

 

参考書籍

内容紹介

生命の起源を探究する隕石研究者の神峰良樹は、フィンランドでウイルス研究をしている高月結と18年ぶりに再会を果たす。神峰は隕石の中に不思議な核酸塩基を発見し、これを国際会議で発表するためにイタリア・ベネツィアへ渡航。一方の結は、国際医療チームに参加するためアフリカへ旅立つが、スーダンで行方不明になってしまう。

 

2人に忍び寄る新型コロナウイルスの影、大きく揺れ動く運命。そして、「ソラサイド」に込められた3つのメッセージとは――。

 

生きとし生けるものすべてに捧ぐ、出色のサイエンス小説。

■著者紹介

梅村雅之(うめむらまさゆき)

1957 年、東京都葛飾区生まれ。

東京都練馬区立大泉小・中学校、東京都立富士高校、北海道大学卒業。北海道大学大学院修了。

理学博士。国立天文台助手、筑波大学助教授を経て、現在筑波大学教授。

専門は宇宙物理学、特に銀河形成、巨大ブラックホール、アストロバイオロジー、生体医用光学。

共著書に、『スーパーコンピューターが解き明かす宇宙の進化』、『宇宙と生命の起源―ビッグバンから人類誕生まで』、『計算と宇宙』、『宇宙流体力学の基礎』、『輻射輸送と輻射流体力学』などがある。

テキストのコピーはできません。