制作実績

青二才の時間の幻影

時間とは何か、自然とは何か、亡き父が自分に伝えたかったのは何だったのか。
若者の成長をつまびらかに描きだした純文学小説。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344931954
判型
4-6・224ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

いつの間にか辿り着いた田園地帯でマムシに咬まれ、病院に搬送されてしまった大島浩三。
九死に一生を得た大島だったが、この事件をきっかけに田園地帯の自然保護を謳う前市長から市議選での応援演説を依頼されてしまう。『市長選挙のキーマン』となり政局の渦に飲み込まれていく彼は、自分のなすべきことを追い求めていく。

■著者紹介
黒木登(くろきのぼる)
1948(昭和23)茨城県生まれ。幼少期、父の仕事の関係で宮崎県日南市へ移住。国士館大学中退後、地元でローカル新聞社勤務。記者として活躍。カメラワーク、編集作業などを得意とし、その後、印刷会社からスカウトされ、60歳で第一線を退くまで数社で印刷関係の仕事に従事。選挙ポスター、観光パンフレット、社会科副読本、レストランメニュー、チラシなどを手掛ける。その後、高齢者の就労の場としてシルバー人材センターの会員に。社会貢献の一環として草刈り作業などに従事する一方、記者魂を活かして会員のための機関誌発行にも携わる。

テキストのコピーはできません。