制作実績

安らぎのある終の住処づくりをめざして

これを読めば、おのずと「理想の最期の姿」が見えてくる。

ジャンル
エッセイ 随筆
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344931664
判型
4-6・180ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

はじめに
「Love and Care」という理念
サービス付き高齢者住宅「美しが丘」で行いたい仕事
人生の晩期に適した住まいとは
最後まで住み続けられる住環境とは?
初めてのお看取り
私は絶対に入院はしない!
彼女に会いたい
素敵な方ね
コモンカフェ
自分らしく
おかえり
外来から在宅、そして「美しが丘」へ
奇跡の涙
今野隆二先生(画伯)を悼む
長谷川さんのお仕事
災害に強い家 震災回顧録
開業5周年の涙
人生の最終段階にかかる費用
父からの引き継ぎ
おわりに

内容紹介

医療、看護、介護が受けられて、自宅のように安らぎのある場所で人生の幕を下ろしたい。
北海道・札幌市に位置するサービス付き高齢者住宅「美しが丘」は、そんな願いを叶える場所。

■著者紹介

鈴木岳(すずきがく)
1966年1月1日生まれ。医療法人社団鈴木内科医院理事長、院長。医学博士。1991年より市立稚内病院を皮切りに16年の勤務医時代を経て2007年から4年半、実業とカーリングの研鑽を兼ねてスウェーデン、カロリンスカ大学消化器内科に留学、のちに就職。帰国後はスウェーデンで学んだ経験を活かし、2019年日本シニアカーリング選手権、男子日本代表。本業ではかかりつけ医として医療と介護を営み、自前の地域包括ケアシステムを構築中。スウェーデンで学んだLove and Careをモットーに、愛のある医療と介護、経営を通した地域の幸せ作りに挑戦中。
HP:「札幌 鈴木内科」 検索
日本内科学会総合内科専門医、内視鏡学会専門医、消化器病学会専門医、認知症サポート医、スウェーデン医師資格、北海道スウェーデン協会常任理事、札幌カーリング協会理事、2003年北海道医学会賞受賞。

テキストのコピーはできません。