制作実績

祥月命日

身分や生まれつきが支配する時代、
自らの命の役割に気づくことができるのかーー。
江戸時代を舞台に、人生の意味を問う濃密な時代小説。 

ジャンル
短編集 小説 エンターテイメント
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344931572
判型
4-6・242ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次


内容紹介

和木重太郎は、下級武士に生まれた己の存在について悩み、理不尽さを感じていた。
そんな中、剣の腕を見込まれ、「抜け荷」の首謀者を追う任に抜擢される。
藩内の勢力争いに巻き込まれながらも、血の繋がりや人間の本質に触れ、

徐々に自分の人生の意味を見出していく。

■著者紹介

深江允(ふかえまこと)

1942年2 月生まれ。東京医科歯科大学歯学部卒、同大学院修了。同大学助手を経て、鶴見大学歯学部教授(生化学)。2009年3 月退官、現在、同大学名誉教授。

著書に『歯周組織再生とエナメルタンパク』(共著、永末書店、2002年)、エッセイ集『生きていることは暖かい』(幻冬舎ルネッサンス、2011年)、小説『惣右衛門の遺言』(幻冬舎ルネッサンス、2014年)、『軒祥の命題』(幻冬舎メディアコンサルティング、2016年)、『清風の記憶』(株式会社文芸社、2017年)がある。


テキストのコピーはできません。