制作実績

韓国の歴史を直視する

日本と韓国の豊かな未来へ。

 

1910年、韓国併合。

なぜ、“加害者”とされる日本は血税を注ぎ、朝鮮の近代化を進めたのか?

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
徳田 克・著
ISBN
9784344931442
判型
A5・448ページ
出版年月日
2020/11/25
価格
1500円+税

目次

問い1:朝鮮の始まり

問い2:統一新羅の成立と滅亡について

問い3:高麗の建国と滅亡について

問い4:李氏朝鮮の建国と統治について

問い5:李氏朝鮮中期の状況について

問い6:李氏朝鮮末期の状況について

問い7:朝鮮の近代化とその阻止

問い8:朝鮮の変化について

問い9:日本の朝鮮から撤退後について

内容紹介

徴用工訴訟、従軍慰安婦問題、竹島——両国の溝は深まるばかり。

古代から現代までの朝鮮半島史を客観的資料から紐解き、日韓の過去と現在、そしてこれからを、いま世界の人々に問う。

■著者紹介

日韓関係を見直す会 代表 徳田 克(とくだ まさる)

1938年、戦死した軍人の次男として日本内地に生まれる。
工業系学校卒業後、日本の民間企業に入社し、産業機械設備の研究開発・生産・販売と企業経営に従事。
業務を通じて、インド、東南アジア4カ国、中国26市省区、台湾、韓国、欧州3カ国、アメリカの人々と親しく交流。
退職後自由人として過ごすも、韓国の反日活動の激化が気になり、「日韓関係を見直す会」を結成し、日韓関係の研究に取り組む。

テキストのコピーはできません。