制作実績

正統解剖

目の前に横たわる遺体(ライヘ)は何を語るのか。
過去の、そして未来の死者たちへ捧ぐ、医療小説の極致。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344930377
判型
4-6・234ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

ゴム手袋越しに触れる綿布は、冷たく、わずかに濡れていた。そこには、人間というより土人形を思わせる姿があった。ほぼ100日、約3カ月におよぶ正統解剖学実習。死者と向き合う日々のなかで、医学生たちの人生も揺れ動いていく。生命の崇高と人体構造の神秘を描き切る傑作。

 

※2020年10月21日発行(第1刷)「正統解剖」にて誤った記載がございました。
下記の通り訂正し、関係各位、読者のみなさまに深くお詫び申し上げます。
【訂正箇所】

183ページ
(誤)甲状腺と気管を調べる。甲状腺は機能低下でバセドー病を起こすことで、家庭医学でも有名だ。ライへでは…
 ↓
(正)甲状腺と気管を調べる。甲状腺は機能亢進してバセドー病を起こすことで、家庭医学でも有名だ。一方、機能低下症のうちの一つで、自己免疫の異常による慢性甲状腺炎を橋本病という。ライへでは… 

 

■著者紹介
鶴岡 令士朗(つるおか れいじろう)
愛媛県出身。
現在、開業医。

テキストのコピーはできません。