制作実績

この道の先には

それぞれの「紆余曲折」と「転機」を淡々と、静謐な筆致で描きだす、
短編小説5編を収録。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
青井健吉・著
ISBN
9784344929852
判型
4-6・156ページ
出版年月日
2020/12/24
価格
1200円+税

目次

脱サラ農業夫婦

健太郎の旅立ち

隠れ精神障害

転生の愛

大阪泉南のある一族

内容紹介

人生の岐路に立つ人々の選択と、その先にある未来

地方都市の豊かな自然に魅せられた男女が歩む険しい道のりを描く『脱サラ農業夫婦』。
証券会社をリストラされた内気な男が、良き伴侶となる女性と巡り合うまでの物語『健太郎の旅立ち』。
人知れず発達障害に悩む男の苦しみをテーマとした『隠れ精神障害』。
癌で愛妻を失った男と、ある女性との不思議な縁の巡りあわせを綴る『転生の愛』。
ある一族を救ったひとりの男の生い立ちとルーツを追った『大阪泉南のある一族』。

それぞれの「紆余曲折」と「転機」を淡々と、静謐な筆致で描きだす短編小説集。

■著者紹介

青井健吉(あおいけんきち)
1947 年、長野県生まれ。長野県立須坂商業高校卒業。
大手証券会社に42 年、首都高速道路に8 年勤務後自由業へ。
若いころから生きづらさを感じていたがその原因が分からなく、
退職してからアスペルガー症候群であることに気づく。
2008 年~2015 年、ブログにて日常生活や古代の歴史を中心に掲載。

テキストのコピーはできません。