制作実績

いま、日本の危機に問う

激変する世界、迫りくる未曾有の国難―。
いまこそ取り戻すべき、日本人本来の美徳と覚悟とは。

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344929166
判型
4-6・280ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第1章 日本を救う
第2章 人間の神秘
第3章 宿命と運命
第4章 日本の原点
第5章 天皇の存在
第6章 外国人から見た日本
第7章 日本かくあるべし
第8章 迫りくる天変地異
第9章 おやかた様の教え

内容紹介

『あたらしい道』の教え主である松木草垣女史は、昭和30年代より
「戦後の社会や教育は人々の精神を蝕み、無自覚のまま国の崩壊を招いてしまう」
と唱えた。いま、その懸念は現実となりつつある。
この素晴らしい国を永遠に残していくために、私たちはどうあるべきか。
長きに亘り女史の教えに薫陶を受けた著者が説く、誠の日本人のための倫理書。

 

※2020年7月21日発行(第1刷)「いま、日本の危機に問う」にて誤植がございました。

下記の通り訂正し、関係各位、読者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

 

【訂正箇所】

  1. P27 (誤)昭和30年12月6日 ⇒ (正)昭和30年12月28日
  2. p222 図-9(左の枠内)⇒ (追記)阿蘇山:2009

■著者紹介

市野 道明(いちの みちあき)
1946年静岡県生まれ。
日本大学大学院理工学研究科修士課程修了。
工学博士(早稲田大学)。技術士(総合技術監理)。
技術士(土質および基礎)。技術士(建設環境)。技術士(下水道)。
大手ゼネコン、建設コンサルタントにて要職を歴任。
秋田大学大学院講
師、東北学院大学講師。
現在、株式会社アイル相談役、東邦技術株式会社顧問、
ジャパンテクノリサーチ技術士事務所代表。著書、論文多数。
1971年からあたらしい道に繋がり現在に至る。

テキストのコピーはできません。