制作実績

私がパラオを嫌いになった理由

アラフォー独身女、異国に立つ――。
七転八倒! 爆笑必死! パラオの魅力を120%綴った痛快の異国滞在記

ジャンル
エッセイ 旅行
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344929111
判型
4-6・164ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

はじめに

プロローグ トレッキングでマイナスイオンを浴びながら癒されるはずが

第1章 自己紹介

第2章 パラオに行った理由

第3章 パラオの紹介

第4章 1泊2日プラスαのサバイバル体験

エピローグ さらばパラオ

あとがき

 

内容紹介

ガケに落ちそうになったり、川に流されそうになったり、ジャングルで遭難して一泊二日……。
っていやいや、パラオってリゾート地じゃなかったの?
海外で料理人になるという夢のために、英語の勉強も兼ねて飛びついたのはパラオ現地での求人。
親日国家で日本人も多いリゾート地での期待に溢れた新生活のはずが、そこで待っていたのはトンデモ体験だった。
そりが合わない上司に、優しい通りすがりのおばさんなど、個性豊かな人たちと織り成す、二度とはない体験。
読み終わったころには、パラオに行きたくなるかも。

■著者紹介

Kei(けい/本名:小野 慶子 おの けいこ)

さすらいの料理人(?)と本人は思っている。

一人でふらりと海外へしばしば行く。しかし現地の言葉も英語もできない。

行動力だけはあるので、さまざまなトラブルに巻き込まれる……というか

トラブルを引き起こしたりもするが、その都度知恵と度胸で乗り越えてきた。

そんな半生を生き抜いてきた中で一番強烈に残っている冒険(体験)を

エッセイにしようと思ってしまった。おもしろエピソード数知れず。

今度はどんな話を本にしようか(笑)。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。