制作実績

戦争を知らない君へ

目の前で亡くなった友人、家族との切ない別離、愛で包んでくれた祖父母。
一人の男の人生通して現代に伝える、消えることのない戦争の爪痕。

ジャンル
自伝 自分史
シリーズ
新刊
著者
棚橋正夫・著
ISBN
9784344929098
判型
4-6・122ページ
出版年月日
2020/8/7
価格
1000円+税

目次

はじめに

 

第一章 戦時の祖父母の愛とリーダーシップ
 一、大きな影響を受けた祖父母について
 二、祖父母から礼儀と躾を厳しく教えられた
 三、母と叔母の女手三人が家計を支えた
 四、初対面は自分から進んで挨拶せよ
 五、妹の「子守り」で発見し学んだこと
 六、昔の家事は重労働だった
 七、小学校一年生の時、静岡へ家族疎開した
 八、 村の子供たちから関西弁とランドセルでいじめられた
 九、戦時中の子供の遊び

 

第二章 空爆の恐怖と食料難
 一、艦砲射撃と爆弾攻撃に遭う
 二、学校帰りに機銃掃射に遭い友達が撃たれた
 三、片田舎から市街地に転宅。今度は焼夷弾攻撃に遭う
 四、食べられるものは何でも食べた
 五、原子爆弾投下で日本は無条件降伏し終戦を迎えた
 六、終戦後ひどい食料難に直面。そして、京都に戻った
 七、母と離別、祖父母を両親として慕う
 八、祖父が私の人生の正しい道へ導いてくれた
 九、祖父がラジオの組み立て技術を教えてくれた
 十、社会人になって教えられた貴重な言葉

 

おわりに

内容紹介

忘れられない景色。伝えたい記憶――。

 

人がやっていない、人のやれないことやりなさい
第二次世界大戦。激動の時代、少年はどのように生きてきたのか?
様々な思い抱え、苦悩と成長重ねた男の体験通して綴る、壮絶な戦争の記録。

■著者紹介

棚橋 正夫(たなはし まさお)

1936(昭和11)年、神戸生まれの京都育ち。

1957年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)に入社。

音響部門の技術営業などに携わる。

定年後、アマチュア無線、ゴルフなど趣味の道を楽しむ。

テキストのコピーはできません。