制作実績

グリーンカード “おかんコーチ”のサッカーと審判日記

“おかん”の生き様にパワーをもらえる一冊

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344928749
判型
4-6・184ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

・おかんはいかにしてサッカーコーチになったのか?
・審判な日々
・練習な日々
・週末ほとんど試合の日々
・ときどき、子育て
・女性とサッカー
・D級コーチライセンス取得
・大好きな合宿~特に縁のあった選手たちとの思い出
・チームメイト・サッカーファミリー

内容紹介

妻であり一女一男の母であるおかん(著者)は、身体を動かすことが大好きで、
子育てにおいても「たくましく育てる」というモットーを持っていた。
息子は小学1年生の時に地元のサッカチームに所属してサッカーを始めた。
息子の応援をしているうちに、所属クラブにサッカーの審判が不足していることを知る。
「おせっかいおばさん」で「親バカ一番」を自認するおかんは、サッカー経験は皆無だったが、
息子をサポートしたい一心で審判講習を受けることを決めた。
この講習をきっかけに、おかんは徐々にサッカーの虜になっていく。
講習・実践を積み重ね、ついにはコーチD級コーチライセンスを取得。
現在は大学で教育技術員として働きながらサッカーのコーチを続け、
コーチライセンスのさらなる昇級を目指している。

■著者紹介
山﨑 美知子(やまさき みちこ)
1970年、神奈川県生まれ。一女一男の母。
JFA公認サッカー3級審判員、フットサル3級審判員、C級コーチ。
社会福祉士。技術士補(環境部門)。修士(工学)。
父親が自衛官だったため、スポーツをするのが当たり前の家庭で育ったが、
サッカー経験はない。中学では水泳部、高校ではバスケットボール部に所属する。
大学時代は趣味で山に登っていた。鳥取大学農学部卒業。
卒業後は、建設コンサルタント会社に勤務。
在職中に中央大学理工学研究科情報工学専攻修士課程を修了。
最初の会社を2002年に退職後、様々な職業と働き方を経験する。
セカンドキャリアを考えて、2017年に社会福祉士の資格を取得する。
2020年現在、大学で専門職員として勤務。
サッカーコーチ・審判員活動は土日祝日に行っている。

テキストのコピーはできません。