制作実績

福祉の旅路 障害者の自立生活を支援する

障害者支援活動を続ける脳性マヒ患者の35年間の軌跡。
支援する側とされる側。その両面の考え方を持つ著者が綴る、
福祉に向き合い続けた35年間の物語。
福祉従事者が押さえておきたい学びもたくさん。

ジャンル
エッセイ 社会・政治 福祉
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344928695
判型
4-6・236ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第一章 たけのこ会の発足から作業所設立まで
第二章 ヘルパー派遣事業を創める
第三章 ヘルパーのプロ化と障害者の自立をめざす
第四章 プロのヘルパーはいかにあるべきか
第五章 自立生活支援センターと身障者用グループホーム
第六章 神様の元で生きる 
第七章 二人の健常者スタッフ
第八章 健常者と障害者の共生する社会とは 
第九章 自立生活思想とは何か最終章 福祉の旅路の現状と夢

内容紹介

生後まもなく脳性マヒ(四肢マヒ)を負った著者は、28歳の頃に福祉の道に入り、
横須賀市を中心として35年間に渡り障害者の自立生活を支援する活動を続けている。
著者は、「障害者が自分らしい生き方ができること」 をテーマに活動をスタートさせ、
「たけのこの会」を発足。それまで生業としていた犬のブリーダーを辞め、
福祉事業家として人を雇うようになった。
「たけのこの会」は健常者と障害者が同じ立場でスタッフとして働きながら成長し、
NPO法人を取得するまでになった。
現在著者は、脳性マヒに加え二次障害、加齢が重なり重度の身体障害者であるが、
原点である汗と現場の喜びを忘れずに、さらなる福祉サービス、各種サポートを考え
実行に移している。

■著者紹介
川島 美行(かわしま よしゆき)
1949年神奈川県横須賀市に父・進、母・正子の次男として出生。
難産のため、生後間もなく脳性マヒという障害(四肢マヒ)を負うが、
正式な障害名は6歳になってから判明。
生後1歳4 ヶ月、母・正子心臓マヒにより急死。
4 歳まで、お手伝いさんに育てられ父が義母きよ子と再婚。
中学まで普通校で学び、卒業後は自宅で通信教育を受ける。
18歳の頃より、犬のブリーダーの仕事を行う傍ら、
同じ障害者のためのボランティア活動に打ち込む。
29歳の時に障害者団体「たけのこ会」を結成。
以来、障害者地域作業所を始めとした同団体の運営事業の経営者として
活躍する他、外部に於ける福祉活動関係の各役職を歴任。
現在4カ所の福祉事業所を運営する「NPO法人たけのこ会」の理事長と
して活躍中。

テキストのコピーはできません。