制作実績

壺中の天地

介護が必要になった妻を支えながら、日々心穏やかに生きる夫の物語。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344928688
判型
4-6・282ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

四季折々の草花が育つ中庭で、妻が倒れた。
その日をきっかけに、老夫婦の介護生活は始まった。
くも膜下出血で病院へ運ばれた妻。
命こそ助かったものの、右手右足に麻痺が残り、普通の生活には戻れない。
夫は足しげく病院に通い、リハビリに励む妻を見守り、病室では妻の髪をハサミで整えた。
やがて外出許可が下り、そのうちに退院日も決まった。
家へ戻ると、妻は喜んで台所に立ち調理を始めた。
白菜、大根、にんじんを冷蔵庫から取り出して豚汁を完成させ、その出来に夫婦2人で喜び合った。
記憶や注意力に欠陥のある脳機能障害、失語症などの症状を抱えることになった妻の余生。
夫はそこから幸福が生まれることを信じ、二人でひっそりと生きていく道を見出すことにした。
精一杯生きる老夫婦の姿を描いた自伝的小説。

■著者紹介

大橋 俊一(おおはし しゅんいち)
1942年福井県生まれ。
著書に詩歌小品「寒月」・「かなんぼう」、掌編小説集「落照」など。
福井県県民生活部理事(青少年対策)、福井県警察学校長などを務めた。
福井県鯖江市在住。

テキストのコピーはできません。