制作実績

路傍の雫

日本画作家が日本画と言葉で現代を表現する

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344928497
判型
文庫・144ページ
出版年月日
価格
660円(税込)

目次

はじめに
日本画で表現する
01 日輪
02 ツイタウ
03 礎の雫
04 啓示
05 ソラヘノワダチ
06 浄草風化
07 クサムスコエ
08 明けの雫
09 孵化
10 ハマ草ツムギ
11 宵のカケラ
12 献花
13 ウミクサ図
14 祈りの雫
15 青踏
16 宵の雫
17 星霜図
18 かえり蓮
19 百花
20 種子の部屋
21 内包
22 杜のカケラ
23 路傍の雫
おわりに

内容紹介

WEBやSNSの発展により、アートが身近となった。
しかし、それらの作品に思想や哲学、美意識は映し出されているだろうか。

表現者側の立場からもプロフェッショナルとアマチュアのボーダーラインが不明瞭になり、

絵画、イラスト、写真も同一の画像情報として開示されている。
作品を通して表現したいメッセージや、絵の具が筆から滑り落ちる音、筆に含む絵具の重さ、筆を絵具にくゆらす時の抵抗感など、
画家がその作品と誠心誠意向き合った息吹を感じてもらいたい。
日本画ならではの、奥深く美しい筆づかいに、添えられた美しい言葉たちに心奪われる一冊。待望の文庫改訂版。

■著者紹介

 永吉 秀司(ながよし ひでし)

昭和47年10月28日生まれ。現在、公益財団法人日本美術院院友。
新潟大学教育学部准教授。略歴:昭和47年愛知県名古屋市生まれ。
平成3年愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。
平成7年東京藝術大学美術学部日本画学科卒業。
平成9年東京藝術大学大学院絵画研究科日本画専攻修了。

 

平成20年川尻筆「筆と芸術の祭典」水墨画公募展銀賞受賞(平成21年銅賞受賞)。
平成19年新生堂第11回新生展新生賞受賞芸術センター第1回絵画公募展銀賞受賞。
平成15年信州第2回高遠の四季大賞展奨励賞受賞(平成21年奨励賞受賞)。

平成11年日本美術院第54回春の院展初入選(以後毎年)。
平成11年日本美術院再興第84回院展初入選(以後18回入選)。
平成10年松柏美術館第4回花鳥画展優秀賞受賞(平成14年第8回大賞受賞)

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。