制作実績

うどん鶴亀亭 武蔵村山店

カツ丼専門店が、うどん業界に進出!?
個性豊かな「うどん課」メンバーが織りなす、ドタバタ奮闘物語。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
福田英一・著
ISBN
9784344928459
判型
4-6・296ページ
出版年月日
2020/5/12
価格
1200円+税

目次

第一章 株式会社鶴亀亭のこと。うどん鶴亀亭武蔵村山店開店準備のこと。
第二章 うどん鶴亀亭武蔵村山店開店のこと。マサミとの出会いのこと。
第三章 思い出深き日々のこと。忘れがたき人々のこと。
第四章 マサミとの別れのこと。うどん鶴亀亭武蔵村山店を去る日のこと。

内容紹介

カツ丼チェーン店の鶴亀亭で働く小山武蔵は、
食い逃げ客を殴ったことで店長からマネージャーへと降格させられた。
その後、新たに設立されたうどん課へ異動し、
店長の向井、もう一人のマネージャー・平川、
鶴亀亭一の怠惰・無能力男と言われる太田原課長とともに

「うどん鶴亀亭」を開業する。
はたしてうどん事業進出は吉と出るのか、 凶と出るのか。

■著者紹介
福田 英一(ふくだ  えいいち)

1955年、神奈川県小田原市生まれ。
その後、東京で育つ。
大学卒業後、会社員、会計事務所職員を経て、現在清掃会社勤務。
本作は外食系企業に勤務していた頃の思い出をもとに執筆した。
趣味は読書と散歩。
千葉県習志野市在住。

テキストのコピーはできません。