制作実績

ボクは、笑顔でできている ~多くの人に支えられて、白血病と闘うことができました~

どうして、白血病になっても頑張れるの?

ジャンル
エッセイ 暮らし・健康・子育て
シリーズ
新刊
著者
向井健一郎・著
ISBN
9784344928398
判型
4-6・164ページ
出版年月日
2020/5/18
価格
1100円+税

目次

はじめに
第1章 思いもよらない事態
第2章 なんとか一つの山を乗り越えた
第3章 何度も試練はやってくる
第4章 それでも人生は続いていく
あとがき

内容紹介

教員生活34年目の2015年7月に「急性リンパ性白血病」と診断された。
不安が募るなか始まった入院生活。
辛い抗がん剤治療や骨髄移植を乗り越え
約1年後には無事に職場復帰まで果たしたものの、
待っていたのは白血病の再発。
そしてICUで生死の境を彷徨うことになる。
Facebookで発信し続けた当時の想いとともに、4年半の闘病生活を綴る。

 

2015年に突然発症した「急性リンパ性白血病」という病気。
担当医師や看護師さ、友人、卒業生などの支援を受け、辛い治療や
二度の移植を乗り越えて4年半の闘病生活を送った著者。
その根底にある考えは「笑顔は笑顔を強くする」という言葉だった。

■著者紹介
向井 健一郎(むかい けんいちろう)

1958年東京都生まれ。私立学校の理科教員。
大学卒業後に都内の私立学校での非常勤講師を経て、1984年から昭島市の啓明学園に勤務。

1998年から北海道の立命館慶祥中高に転職し、理科だけでなく情報教育やSSHなどに取り組む。
2014年に京都の立命館一貫教育部に配属。

翌年の夏に「白血病」を発症し、京大病院での入院治療を開始。
20174月に立命館中高に復職するも再発。
2度の造血幹細胞移植を経て、2019年春に立命館一貫教育部に復職。

テキストのコピーはできません。