制作実績

仏教随想 「歎異抄」にきく

「歎異抄」から様々なことを教えられ、助けられた。

ジャンル
宗教 随筆
シリーズ
新刊
著者
木本信昭・著
ISBN
9784344928381
判型
4-6・260ページ
出版年月日
2020/5/22
価格
1100円+税

目次

はじめに 少しながき 序にかえて
第一章 ひとへに親鸞一人がためなりき 『歎異抄』との邂逅
第二章 父母のしきりに恋し  
講演録 一九八五(昭和六十)年五月
おわりに

内容紹介

「善人なをもって往生をとぐ、いはんや悪人をや」
高校生の頃に出会った『歎異抄』のこの一言に衝撃を受けて以来、
困難な時にも、深い悲しみの時にも、病床に臥せている時も、
そして、喜びの時にも、聖人の言葉は生きる支えとなった。
浄土真宗本願寺派・光台寺の機関紙に連載していた内容をもとに
一冊にまとめあげた随想集。

■著者紹介

木本 信昭(きもと のぶあき)
1938年生まれ。山口大学教育学部卒業。
中学校教諭を経て、山口県立美術館、下関市立美術館の開設、運営に従事。
退職後、東亜大学大学院博士課程に学ぶ。
2002年より、佐賀県西有田町教育長、引き続き合併後の有田町教育長を歴任。
2012年より、山口県立大学非常勤講師。

主な著書に「狩野芳崖・その生涯と画業」「香月泰男・その芸術と人間像」
「虫めがね 遠めがね 色めがね」「青春逍遥・父母の恋文」
「教育長室の窓から 遇斯光庵だより」など。

テキストのコピーはできません。