制作実績

追憶の光

どこまでも残酷に、どこまでも美しく。

著者史上、最も鮮烈に描かれた純愛小説

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
高見純代・著
ISBN
9784344927988
判型
4-6・182ページ
出版年月日
2020/4/07
価格
1100円+税

目次

序章  月光
第一章 出逢い~青い春~
第二章 指輪
第三章 再会
終章  追憶の光

内容紹介

ある日突然、愛する父と死別してしまう華道家の優子。

ショックから精神を崩してしまった優子を診る医者の柚木。

柚木の友人で、優子の相続手続きを助けてくれた弁護士の天地。

偶然が引き寄せた3人が出逢うとき、運命が動き出す。

時代の狭間に生きた男女が織りなす、とある愛の物語。

■著者紹介

高見純代(たかみ すみよ)

大阪府出身。
大谷女子大学 文学部 国文学科 卒業。
SONYのショールームアテンダントを経て、平成5年 産経新聞社 入社。
大阪本社の役員秘書を7年務める。在職中に、夕刊1面にエッセイを執筆。
退職後、乳癌、子宮癌を闘病し克服。童話、詩、エッセイ、絵なども創作。
華道家(嵯峨御流 正教授)。作家。
著書/私小説『薔薇のノクターン』(幻冬舎)、『愛 It begins quietly as intense love.』(幻冬舎)

テキストのコピーはできません。