制作実績

蜻蛉の涙

釣竿を持つたびに、新しい世界が見える。

意外な結末に心打たれる、圧巻の釣文学。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
折戸和朔・著
ISBN
9784344927407
判型
4-6・172ページ
出版年月日
2020/3/19
価格
1000円+税

目次

序-鹿島詣で

一-出会い

二-釣りの五物

三-コウホネとクチボソ

四-夏ヤマベ

五-蝶流し

六-手長海老

七-木下河岸

八-彼岸ハゼ

九-蜻蛉の涙

内容紹介

「だから釣りが面白れぇし辞められねぇ」

例えばよ、朝からずっと釣っていても、全く何も掛からねえ日ってのがある。

場所を変えても餌を変えても全然だめだ。

ところがあるとき風向きが変わって、流れのヨレがちょっとだけ変化した場所が

目に付いたとする。

何とはなしにそこへ餌を投げ入れてみたら、それまでの沈黙が嘘のように

次々に釣れちまうなんてことが、実際にあるんだ。

そういう≪自然の声を聴く≫ことがたまらなく面白ぇ。

むしろその声を聴くために釣竿担(かつ)いで水辺を彷徨(さまよ)い歩いて

いるんじゃねぇかとも思う。

■著者紹介

折戸和朔(おると あいさく)

小川にきらめく銀鱗に、欣喜雀躍した、輝ける少年の日々よ。

失われし時代を、今も追い求めることができる釣り人に幸あれ。

今も変わらず、僕らを待っていてくれる、小川の魚たちに幸あれ。

いつもそこにある自然よ、癒しの自然よ、ありがとう。

生を歓び、祝杯を挙げよ。乾杯ッ!

テキストのコピーはできません。