制作実績

法と糸と私

創建から800年余りを数える仙台市の古刹、曹洞宗・大満寺の若き住職が贈る法話集。

ジャンル
エッセイ 人文・思想
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344927162
判型
4-6・154ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

「慈しみの詩」「執着と精進について」「繋がる命の尊さ」「法と糸と私」「布施とはむさぼらざるなり」「想いを繋げる供養のかたち」「道心という生き方」「通夜法話」「無常を受け止める」「行持報恩に生きる」

内容紹介

歴史ある曹洞宗の寺、大満寺の住職が行った法話の中から、10編を集めたもの。寺の子として生まれながら、将来に悩み、アルバイトや音楽活動など様々な経験を重ねた後に、仏の道へと進むことを決意した著者が、悩み多き現代に贈る仏の教えとは。分かりやすく、親しみやすい言葉が心にしみる一冊。
私たちが幸せに生きていけるように
私たちの心に美しい花が咲くように
慈しみの心を真ん中において
苦しんでいる人を放っておけない そんな寛容な心で
これからの皆様の人生を歩んでまいりましょう   (本文より)

■著者紹介
西山道環(にしやま どうかん)
昭和51年1月23日宮城県仙台市生まれ。淑徳大学(社会学部)卒。
大学卒業後3年間、社会人として経験を経て、
平成15年より曹洞宗大本山永平寺にて三年間の修行生活を送る。
現在、創建800年の古刹、曹洞宗 虚空蔵山 大満寺 住職。

テキストのコピーはできません。