制作実績

ベートーヴェンが読んだ本

ベートーヴェンの読本を、遺された日記や手紙とともに解説する。

ジャンル
芸術・美術
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344927155
判型
4-6・314ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

Ⅰ.文豪、詩人
Ⅱ.古典文学
Ⅲ.思想家、哲学者
Ⅳ.聖職者、神学者
Ⅴ.一般教育、指導者
Ⅵ.ベートヴェンの音楽の師匠
Ⅶ.ベートヴェンが読んだ音楽理論書
Ⅷ.その他

内容紹介

文学と哲学をこよなく愛した、偉大なる作曲家ベートーヴェン。その豊潤な読書体験が「楽聖」の素養を形成した。ゲーテ、シラー、シェークスピア、カント、ルソー、ザイラーなど。膨大な記録をもとにその人間像を探求した、ベートーヴェン論の決定版。演奏者はもちろん、ファンも必読の一冊。

■著者紹介
藤田俊之(ふじた としゆき)
大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒、伊藤忠商事勤務、関西外国語大学教授、アウグスブルク大学、ウィーン大学客員教授、傍らベートーヴェン研究を続ける。ドイツ語圏3か国に28年間在住。
著書に『ベートーヴェン その精神と創作環境』(水山産業、2011年)、『ウィーン・オーストリアを知るための57章』(共著、赤石書店、【第2版】2011年)がある。

テキストのコピーはできません。