制作実績

人生って捨てたもんじゃないね

心配症で、愛情深く、好奇心旺盛な
昭和の肝っ⽟かあさんの半⽣記

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
清水俊明・著
ISBN
9784344926929
判型
4-6・298ページ
出版年月日
2020/3/17
価格
1200円+税

目次

第一部 母の生い立ち
 第一章 娘時代の母と東京での暮らし
 第二章 昭和の時代の生き証人

第二部 結婚してからの母
 第三章 貧乏暮らしの中での新婚生活
 第四章 母の教育観
 第五章 祖父と祖母とのこと

第三部 子供たちの自立と家族の継承
 第六章 姉と私の離郷
 第七章 人生初の挫折を経験した私
 第八章 子供たちの自立
 第九章 嫁と姑
 第十章 孫を迎えた母の喜び
 第十一章 家族旅行
 第十二章 老いへの不安

第四部 人生って捨てたもんじゃない
 第十三章 大病の中で得た母の感涙
 第十四章 一日一生の思いでいるからこそ
 第十五章 90歳の不安
 第十六章 残された日々
 第十七章 生きる喜び

内容紹介

「おふくろ、人生って捨てたもんじゃないね」
懐かしき昭和の思い出と、あたたかな⼤家族の物語。

昭和を逞しく懸命に生き抜いた母・スミエの生き様を、
その血脈を次代に継ぐ子や孫たちの姿とともに描く、渾身の自叙伝!

昭和20年頃、B29がひっきりなしに夜空を⾶び交った東京⼤空襲があった時や
昭和30年頃、⾼度経済成⻑期の⽇本で新幹線がまだ開通していなかった時など
激動の時代の記憶が⾊鮮やかに蘇る――。

■著者紹介

清水俊明(しみず としあき)

同志社大卒業後、広島県北部の県立高校を中心に、36年間教職に携わる。
2020年3月退職。 現在、広島県三次市に在住。

テキストのコピーはできません。