制作実績

「何で勉強するの」と聞かれたら どう答えますか?

⼼優しい勉強論と、ちょっとビターな⼈⽣論

ジャンル
文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344926813
判型
新書・204ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第Ⅰ部 「何で勉強するの」と聞かれたら どう答えますか︖
⑴ あなたならどう答えますか? 
⑵ 野口英世の場合 
⑶ 学問のすゝめ 
⑷ 勉強すると眠くなる 
⑸ 勉強は役に立つのか 
⑹ いやだと言って避けていると
⑺ 人として伸びたい 
⑻ あなたは一人しかいない 
⑼ 怪力乱神を語らず 
⑽ バの壁 ・ 
⑾ 二都物語 
⑿ 落ち穂拾いの章

第Ⅱ部 勉強と⼈⽣の分かちがたい関係
⑴ゆるやかな継続とやる気 
⑵ 夢見る心をめぐって 
⑶ 才能とか努力とか 
⑷ 生きる意味 
⑸ 死ねばウチュージンになる 
⑹ 偶然だぞ 
⑺ 見るものは見られる、するものはされる 
⑻ チャンスの前髪をつかめ 
⑼ 人生の先輩 
⑽ 孟母対コンコルド 
⑾ 学問に王道なし・獅子・羊が1匹 
⑿ 洗脳、教育、感化、薫陶 
⒀ ヒドゥン・カリキュラム、そして学歴 
⒁ うわべと中身 
⒂ そんなに急いでどこへ行く 
⒃ いいところだけを取り入れる 
⒄ 未来へ向かう若者たちへ 
⒅ 自由って、自由なことだよね 
⒆ あゝ青春 
⒇ 「矛盾」の故事を疑う 
おわりに

内容紹介

「何で勉強するの?」と聞かれたら、あなたなら何と答えますか?
脳を鍛えるため? 社会にでて困らないようにするため? 広い世界を知るため?

ある生徒が高校教師だった著者に問いかけてきたことをきっかけに、
「『何で勉強するの?』に対して一番説得力のある答は何か」ということを模索してきた。

学生・保護者・教育者、「勉強」と「人生」について悩んでいるすべての方に贈る、ゆるい口調で熱く語った勉強論。

■著者紹介

 

柳谷 睦夫(やなぎや むつお)

東京学芸大学卒業。
東京学芸大学大学院修了。
日本近代文学及び国語教育を専攻した。
大学院修了後は、高等学校の教員として現場に関わり、
教育委員会でも教育に携わった。

テキストのコピーはできません。