制作実績

誰も知らない 哺乳瓶の世界

⼦どもの命をつないだアンティーク・ベイビーボトル・コレクション集
Photo collection of antique baby bottles

ジャンル
工芸 生活・暮らし
シリーズ
新刊
著者
鈴木昌和・著
ISBN
9784344926301
判型
AB・130ページ
出版年月日
2020/5/19
価格
1500円+税

目次

Photo Gallery
 日本の哺乳瓶 ノスタルジック編
 日本の哺乳瓶 プラクティカル編
 世界の哺乳瓶

哺乳瓶の話
 1. そもそも哺乳瓶とは?
 2. 日本における明治期から戦前までの哺乳器の変遷
 3. 哺乳瓶がなかった江戸時代
 4. 戦後から現代に至る改良の歴史

Columns
 日本の哺乳器は「注口土器」がルーツ?
 当初のゴム製乳首は人気がなかった
 日本の乳母制度 

Topics
 欧米では、画期的な哺乳瓶が次々誕生
 三越呉服店が双口型哺乳瓶を販売開始!

Appendix
 日本で長いゴム管付きの哺乳瓶が全盛だった頃のパッケージ
 哺乳瓶と牛乳にまつわる風刺画
 明治から大正にかけての牛乳販売店やミルクメーカーの新聞広告
 時代を感じさせる当時の広報ツール
 双口型哺乳瓶が普及し始めてからの広告
 大正から昭和にかけてのパッケージ

Data Base
 哺乳瓶の種類
 哺乳器の日本における呼称の変遷 

内容紹介

昔話、花⿃⾵⽉、戦争のシンボルなど、あらゆる図柄があしらわれた
1000点を超える美しいコレクションから精選
かつては「殺⼈ボトル」との異名で呼ばれたガラス瓶の歴史にも迫った究極の⼀冊
⼩児科医が⽣んだ 哺乳瓶コレクションの集⼤成

■著者紹介
鈴木 昌和(すずき まさかず)
静岡県静岡市出身。
1966年 慶応大学経済学部卒業
    大正海上火災保険株式会社(現)三井住友海上入社
1968年 大正海上火災保険株式会社(現)三井住友海上退社
1970年 昭和大学医学部入学
1976年 昭和大学医学部卒業、小児科学教室入局
1980年 小平市公立昭和病院入職
1985年 小平市公立昭和病院退職、鈴木小児科医院開院
2004年 小平市医師会会長に就任
2010年 小平市医師会会長に退任

テキストのコピーはできません。