制作実績

小規模保育園の育て方 ~0、1、2歳児の保育と働きがい~

まだまだ知られていない小規模保育園をのぞいてみませんか?

ジャンル
小説 暮らし・健康・子育て 児童・こども
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344926271
判型
4-6・184ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

第1章 「小規模保育事業」とはどのようなものか?
第2章リアルにわかる「おれんじハウス」の保育あれこれ
第3章おれんじハウス保育園・アンケート

内容紹介

「すべてのこどもに”その子らしさ”を」というおれんじハウスの理念から生まれた、おれんじハウス独自の取り組みを紹介。待機児童問題が叫ばれている現在、常に子どもたち目線で考え抜かれた小規模施設ならではの試みが数多く取り上げられている。また、小規模保育とはそもそも何か、どんな魅力があるのかなど、子どもを持つ親が抱える疑問の数々が丁寧に解説されている。
子どもたちだけでなく、親からも信頼される保育施設を目指す『おれんじハウス』の今がリアルに描かれている。第3章ではおれんじハウス保育園の保護者や保育士が語る生の声も掲載され、子どもを持つ親にとっては見逃せない一冊。

■著者紹介

【NPO法人おれんじハウス】横浜市家庭的保育事業として、保育園開園と同時に企業地域型保育事業小規模A型6園、企業主導型保育事業2園、産前産後ヘルパー/養育支援ヘルパー事業、無料一時保育/子育て相談事業、おれんじハウスこども訪問看護ステーションを采井、「横浜マラソンお子さんお預かり」も担当。【中陳亮太】NPO法人おれんじハウス理事長、NPO法人全国小規模保育協議会理事。法人運営や新規子育て支援事業の立ち上げ、子育てイベント等を担当。日立製作所でプロジェクトマネージャー/システムエンジニアとして勤務後、現職。【中陳亜希子】NPO法人おれんじハウス全園統括園長、横浜市横浜こども指針(仮称)策定協議会委員(小規模保育事業担当)。大規模保育園で経験した日々の保育の中で、目指すべき保育が明確になり小規模保育の道へ。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。