制作実績

きみのハラール、ぼくのハラール

インバウンド(訪日観光)対応で大切な、異なる信仰・食文化への理解・受容と、食品の認証基準のありかたについて問う作品

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344925304
判型
4-6・192ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

プロローグ
第1章  ハラール
第2章  解釈
第3章  嘘の基準
第4章  実存

内容紹介

ケントの勤めるエリザス製薬では、2020年東京オリンピックを視野に、イスラーム教徒のインバウンドに向けてトクホを兼ねたハラール食品開発に取り組むことになった。ケントはマレーシア出身でイスラーム教徒の英会話講師、マリーの助けを借りて調べ始めるが、神道信者の日本人の彼にとってハラール食品の認証基準は、シンプルゆえに難解なものであった・・・・・・。テレビで話題の、食の伝道師・笠岡誠一先生の初小説。

■著者紹介

笠岡 誠一(かさおか せいいち)

1967年 広島県三原市生まれ。
文教大学 健康栄養学部 教授 。管理栄養士。
笠岡誠一(かさおか せいいち)
食品栄養学修士(東京農業大学)。 博士(農学)(愛媛大学)。
山之内製薬(現・アステラス製薬)健康科学研究所 研究員、
アメリカ国立衛生研究所(NIH)研究員を経て現職に至る。
レジスタントスターチ、食と心理、食と美容を研究。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。