制作実績

科学革命と人類の行く末 ニーチェとAIが意味するもの

AIはニーチェの言う「超人」となり得るのか?

ジャンル
単行本 人文・思想
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344924963
判型
新書・126ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

はじめに
第一章 プラトンの洞窟
第二章 ディオニュソス
第三章 ニーチェと音楽
第四章 科学の影響
第五章 科学に対する哲学者の態度
第六章 哲学者ニーチェ
第七章 人間の地位
第八章 人類の未来

内容紹介

自分が見ている世界が、人間の五感がもたらした仮の姿だとしたら!?
色や音などから成るイリュージョンの世界を抜け出すには、「超人」になる必要がある。ドイツの哲学者・ニーチェの思想を、科学とAIの持つ可能性から読み解く。これまでの入門書とは異なる角度から考察した先駆的な一冊。

■著者紹介
鴨井春夫(かもい はるお)
1948年生まれ。東京教育大学文学部哲学科卒。横浜YMCA予備校講師、関東学院大学英語チューター、主として英語教育に従事。訳書『ラスキン生誕200年記念論文集(2019年)』(共訳)。

テキストのコピーはできません。