制作実績

源実朝 結婚の謎

源実朝は何故、坊門の姫と結婚したのか?その夫婦関係の真実とは―?

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344924840
判型
4-6・202ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

序章

第一章 疑惑

第二章 実朝暗殺

第三章 北条政子(実朝の母)への質問

第四章 坊門の姫(源実朝夫人)への質問

第五章 大江広元(政所の別当)への質問

第六章 北条泰時(鎌倉幕府への執権)への質問

第七章 二階堂行光(鎌倉幕府政所の執事)への質問

第八章 二階堂行光への二回目の質問

終章

参考文献

 

 

内容紹介

『源実朝暗殺共謀犯』の著者による第2弾!歴史的人物によって繰り広げられる歴史推理小説!

 

鎌倉幕府3代将軍源実朝と大納言坊門信清の姫君。

将軍と後鳥羽上皇の縁につながる二人の結婚は、豪華絢爛だったはずだが―。

しかし、幕府の資料には一言も語られていない。

この謎をたどると、二人の関係が明らかになり、実朝暗殺の意外な真相が待ち受ける―。

 

 

 

 

 

■著者略歴

鈴木 仁 (すずき じん)

1951年宮城県生まれ仙台市生まれ。

神奈川県茅ケ崎市在住。

著書に『逆転歴史法廷、被告人源実朝』(東京図書出版)、『源実朝暗殺共謀犯』(幻冬舎ルネッサンス新社)がある。

 


テキストのコピーはできません。