制作実績

「資本論」における「本源的蓄積の虚構性の証明」

「資本論」における「人間不在」という理論の欠陥を証明した渾身の一冊。

ジャンル
実用書 単行本 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
新刊
著者
井上公利・著
ISBN
9784344924710
判型
A5・234ページ
出版年月日
2019/9/17
価格
1300円+税

目次

はじめに
本編
第一節第一段落
第一節第二段落
第一節第三段落
第一節第四段落
第一節第五段落
考察編
Ⅰ改ざん資本主義
Ⅱ マル・コン・シンドローム
Ⅲ 格差問題
Ⅳ 苦言・提言・警告
Ⅴ 労働試論
あとがき

内容紹介

「『資本論』はギクション経済的物語であるから難解そうに見えるのだ」――そう述べる筆者は、マルクス資本主義思想を「負の精神遺産」とし、そこからの脱却を進める。
『資本論』第一巻第七篇第二十四章第一節「本源的蓄積の秘密」から『資本論』における「人間(経営者)不在」という理論の欠陥を証明すべく徹底的に追求した、渾身の一冊。

テキストのコピーはできません。