制作実績

継体大王異聞

大胆な仮説を掲げ、今に連なる天皇系の始祖となった継体天皇の実像に迫る

ジャンル
実用書 小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344924628
判型
4-6・394ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

第一章  「持衰」
第二章  「越の鳳雛」
第三章  「邂逅」
第四章  「鉄と巡拝」
第五章  「治水」
第六章  「倭の成り立ち」
第七章  「百済の騒擾」
第八章  「倭国のかたち」
第九章  「王統の継承」
第十章  「北の臥龍」
第十一章 「混迷、そして即位」
第十二章 「親政と後嗣」
第十三章 「半島と蘇我出現」
第十四章 「倭国創建への勾配」
第十五章 「西からの旋風」
第十六章 「倭よ、永遠に」
第十七章 「終章」

内容紹介

幼少期にある奇跡により霊威を帯びた男大迹(ヲオト)は、越前、近江、そして尾張国で事績を重ね、各地の豪族の期待を担っていく。やがて雄略天皇に見出されて大和に召されるが、その遠すぎる血筋と地方出身ゆえに長らく大和の豪族たちの抵抗を受ける。武烈天皇の後を継ぎついに天皇となった彼を、次なる試練が待ち受けていた。倭国、百済、任那を舞台に継体天皇の生涯を描く。

■著者紹介
讃 紫雲(さん しうん)
1949年 香川県高松市生まれ。
1973年 大阪大学文学部史学科卒業。
その後、一般企業に定年まで勤務する。
現役会社員生活を65才でリタイアした後、
歴史への興味を深め、このたびの著作にいたる。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。