制作実績

季語と色で知る七十二候 日の本 歳時記エッセイ

知られざる「日本の彩りの世界」へようこそ!

ジャンル
エッセイ 単行本
シリーズ
新刊
著者
向龍昇人・著
ISBN
9784344924284
判型
4-6・208ページ
出版年月日
2019/10/30
価格
1400円+税

目次

立春から大寒までの二十四節気を、七十二の候に分けて解説。

内容紹介

歳時記は差異色(さいじき)!?
そう言われるくらい(著者より)、日本の「気」と「候」、そして「色彩」は密接な関係にあります。そしてそのことを、誰にでも分かりやすく表したのが「季語」。「本当の色」と「季語の由来」を知るだけで、未だ見ぬ日本が見えてきます。
本書を読めば、日本がもっと好きになるかも?

■著者紹介
向龍昇人(こうりゅう しょうじん)
本名 高柳昌人(たかやなぎ まさと)。
企業コンサルタント、コーチ。
前作『クマさんの「接包」コーチング』(幻冬舎)では、コーチングが個々の自己基盤を形づくる方法であることを伝えたが、その基盤を更に豊かに成長させ、他者との結びつきを深く築き、すべての人々の幸せを実現するためには心の素養を育てることが大切との考えから、現在、(一社)成城古典芸能協会を創設し、日本の古典芸能を広める活動をしている。また、日本人のアイディンティを形づくっている日本の歴史、文化、自然環境を理解することが重要とし、個から集団の豊かさ、集合智を得るために、今作では、二十四節気、七十二候の暦を紐解き、その時節の季語、色を絡め、浮かび上がらせる。

テキストのコピーはできません。