制作実績

愛される芭蕉

芭蕉の魅力を徹底的に追求した究極の一冊

ジャンル
エッセイ 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344923935
判型
4-6・512ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

第一部「奥の細道」旅立ち三年前/第一章「古池や蛙飛込む水の音」は英文、中文でどう表現されたか/第二章 随想「芭蕉の蛙」/第三章 海外の芭蕉・「奥の細道」/第四章 芭蕉を語る諸家1~122/第五章 深川─芭蕉庵─/第二部 諸家とともにたどる「奥の細道」1 序章2 旅立3 草加4 室の八島5 日光6 那須7 黒羽8 雲巖寺9 殺生石10 白河の関11 須賀川12 あさか山13 しのぶの里14 佐藤庄司旧跡15 飯塚16 笠島17 武隈18 宮城野19 壺の碑20 末の松山・沖の石・野田の玉川21 塩竈22 松島23 石の巻24 平泉25 尿前の関26 尾花沢27 立石寺28 最上川29 出羽三山 羽黒山・月山・湯殿山30 鶴岡31 酒田32 象潟33 温海 村上34 越後路35 出雲崎36 北陸路親不知37 市振38 越中路39 那古の浦40 金沢41 小松43 山中44 全聖寺45 天龍寺 永平寺46 福井47 福井 武生 今庄 木ノ芽峠 敦賀48 敦賀49 種の浜50 大垣/第三部 「奥の細道」拾遺1「奥の細道」に表れる芭蕉の女性像2 寿貞3「奥の細道」の旅をふり返る4「おくのほそ道」という旅あるいは作品(1~84)

内容紹介

なぜ芭蕉はこれほどまでに愛されるのか。この疑問にとりつかれた著者が、古今東西の文献を紐解き、作家、評論家、芸術家などが芭蕉をどのように評し、伝えているかを徹底的に分析。芭蕉を論ずる諸家の言葉から、その魅力の秘密を明るみに出そうとする意欲作。また芭蕉が歩いた奥の細道の行程を辿り、句作の境地に思いを馳せる。

テキストのコピーはできません。