制作実績

薩摩回天

薩摩回天の陰の主役、なぞの忍者伊牟田倉左衛門、尚平父子に迫る時代小説。

ジャンル
小説 単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
郷原建樹・著
ISBN
9784344923850
判型
4-6・336ページ
出版年月日
2019/9/10
価格
2000円+税

目次

はじめに/第一章 遭遇/第二章 躍進/第三章 悔恨/第四章 落涙/第五章 波瀾/第六章 危機/第七章 決断/第八章 密謀/第九章 暗闘/第十章 夢想/第十一章 絶望/第十二章 逆転/おわりに 

内容紹介

保守的な薩摩藩の藩主に改革派の島津斉彬を襲名させ、年若い西郷隆盛や小松帯刀などを導いて、維新回天を成し遂げた陰の主役。それは、薩摩の古老たちが言葉少なく語り継ぐ、なぞの忍者、伊牟田倉左衛門、尚平父子だった――。時代回天の主軸を担った憂国の志士たちの活躍を追い、徹底した時代考証のもと、迫力の群像劇を展開する。日本文芸家クラブ大賞受賞作復刻版。

■著者紹介
郷原 建樹(ごうはら たてき)
社会福祉法人敬心会理事長。昭和16年鹿屋市に生まれ、昭和40年早稲田大学第一法学部卒業後、昭和42年鹿児島新報社入社、後に岩崎グループ総本部社長室勤務。その後、大宅壮一マスコミ塾を経て、フリーライターとして週刊誌など執筆。昭和50年鹿児島に帰り敬心保育園開設。現在、農業を主軸に児童・障がい者・高齢者の総合福祉事業に取り組んでいる。

テキストのコピーはできません。