制作実績

一寸の虫の大ぶろしき

若者よ、世界を見てみよう。地球人の腹構えを持って生き方を考えてみよう!

ジャンル
エッセイ 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344923799
判型
新書・194ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

内容紹介

一寸の虫だって、世界平和を願っている。
昭和を62年間過ごし、平成も丸々30年生きてきた。そして、令和に突入したわが人生。人より長く生きてきて、この世に残せるものとは平和への願いだけ。
在り難い時間の中でつづってきた、考えてきた、思ってきた。言葉は無限に広がっていく。そして、あなたの心の中にたどり着く。

なにくそ踏んづけられてたまるか!
あなただって私と同様、小さな存在じゃないか。広い世界、もっと広い宇宙から見たら、人間なんてちっぽけな存在でしかない。だけど、気概は必要だ。
気概さえあれば、人間は考えることができる。想像することができる。そして、精神生活の中で、「生きる」ということの意味を考えながら、生活設計することができる。
「宗教」「政治」「精神生活」そして「教育」に焦点を当て、一人一人の人間が生きることの意味を問い直すために広げられた大ぶろしきの中に、あなたは何を見つけるだろうか。

■著者紹介
鈴木積(すずき つもる)
1927年東京都生まれ。終戦の翌年早稲田大学の予科にあたる第二早稲田高等学院に入学。1951年文学部(露文科)卒。東京都の中学校に教員として勤務。自分の夢や考えを本のかたちにすることを心がけ、詩集『ある日の殺意』(ほくと事業出版)、終戦前後の日記と雑文『空腹日記抄』(近代文藝社)、ロシア革命期の詩人に関する翻訳『アレクサンドル・ブローク』(ティプロ出版)、憲法をめぐる考察『憲法新装の試み』(講談社出版サービスセンター)ほかを刊行。千葉県柏市在住、手賀沼のほとりで独り暮らし。

テキストのコピーはできません。