制作実績

一杯のラーメンが日本を救う

全国の被災地に温かいラーメンを届ける。ボランティア一筋で駆け抜けてきた男の生き様がここに。

ジャンル
エッセイ 実用書 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344923614
判型
4-6・224ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第1章 ボランティアって何?―九州ラーメン党の軌跡―
第2章 ラーメン党・つなぐ人の輪
第3章 私が出会った濱田龍郎という人物

内容紹介

全国の被災地や障害者施設を回り、手作りのラーメンを提供する活動を行っているNPO法人「ボランティア仲間 九州ラーメン党」(熊本県益城町)。30年前に団体を立ち上げた著者は、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など様々な被災地を訪れ、人々に笑顔をもたらしてきた。訪問地のべ650カ所、提供したラーメンは十万杯以上。一杯のラーメンにこだわり、活動を続けるその思いとは。

■著者紹介
濱田龍郎(はまだ たつろう)
鹿児島県西之表市生まれ。NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党理事長。日本詩詞の会(会長)、熊本県文化協会(会員)、益城町文化協会(会員)、一般財団法人日本童謡学会(顧問)。
<法人運営事業>
①上益城圏域地域活動支援センター
②就労継続支援事業所「そよかぜ福祉作業所」(障害者とともに働くラーメン店「九州ラー
メン党」
③相談支援事業所IZUMI
<著書>
・詩と写真集『浦上の丘に登れば』(新波書房)
・自伝・エッセイ『貧者の一灯』(熊本日日新聞)
・詩と写真集『東日本見聞録』(グッドワーク研究所)
・詩と写真集『九州ラーメン党がゆく』(たましだ舎)
・自選詩集「親愛なる十一人の友に捧ぐ」(文芸社)
・詩集『空と海と緑とー種子島の詩―』(たましだ舎)

テキストのコピーはできません。