制作実績

気ままな品格 

日本画壇に異彩を放った画家・郷倉和子の生涯を綴ったドキュメント

ジャンル
ドキュメント 実用書 単行本
シリーズ
新刊
著者
郷倉伸人・著
ISBN
9784344923430
判型
B6変・160ページ
出版年月日
2019/7/11
価格
1000円+税

目次

内容紹介

品格とは「目立たぬ、静かな美」
101年におよぶ長寿を授けられたのは美の探求のためか?

日本画家・郷倉千靭(せんじん)の娘として生まれ、宿命に導かれるように絵筆をとった郷倉和子。ときに迷い、また悩み、生涯現役を貫いた。大正から平成までを生き抜いた和子は、何を感じ、どのような思いを込めて作品を世に送り出してきたのか。その長男であり、画商を営んだ著者が語る清々しいまでの美への探求心が胸を打つ。

■著者紹介
郷倉伸人(ごうくら のぶと)
昭和20年、現在の新潟県妙高市に生まれる。
昭和38年、成城大学経済学部卒業後、読売新聞社企画部に入社。以後、大阪万博、箱根駅伝、ヨーロッパ絵画の展覧会、よみうりランドにおけるプロジェクトなど、読売新聞
社のプロジェクト多数に携わる。
昭和48年 イギリス留学。イースト・アングリア大学にて美学専攻。
昭和50年 祖父、郷倉千靭急逝のため留学を断念し、読売新聞社文化事業部に復籍。
昭和54年 一身上の都合により、読売新聞社を退社。
昭和55年 修行もせずに画商になるのは無謀だと多くの人から反対されたが、自分の美的感性を信じて㈱潺画廊を設立。以後、現存作家による個展、グループ展、企画展を180回以上開催し、多くの新人作家の輩出に貢献。
平成29年 体調不良のため、㈱潺画廊退社。現在、㈱リア夢プロジェクト会長。

テキストのコピーはできません。