制作実績

古事記解読

古事記に秘められた古代日本の真の姿が蘇る。待望の文庫化。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344922648
判型
文庫・494ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第一章 伊邪那岐命と伊邪那美命/第二章 天照大御神と須佐之男命/第三章 大国主神/第四章 国譲り/第五章 天孫降臨/第六章 神武天皇の東征

内容紹介

天武天皇の命により編纂が始まった「古事記」は、西暦712年に完成した、日本最古の歴史書とされている。一方わずか8年後には大和朝廷により、正史として「日本書紀」が編纂されている。
著者はこの事実に注目し、「古事記」こそが古代日本の真の姿を表すものであり、「日本書紀」は当時の貴族たちが都合のいい内容を後世に残そうと考えた所産だとする。そこで、これまで神話的内容ばかりが取り上げられ、歴史書としての研究が十分になされてこなかった「古事記」を独自の視点で読み解き、日本の源流を明るみにだすことを試みる。

■著者紹介
小林誠(こばやし まこと)
1957 年3月松下電器産業株式会社(現Panasonic 社)へ入社。
1977 年松下産業機器株式会社設立に伴い同社へ出向。
同社にて溶接機技術業務に従事。技術部長・海外部長を経て、1994 年8月
中国・唐山市に合弁会社を設立し総経理に就任。
2000 年4月同社の総経理を退任。2002 年4月江蘇省のJM 社の総経理に就
任、2005 年12 月に同社を退任。2007 年9月「国家友誼賞」を中国の総理
より授与される。
著書「中国で売る!―進出企業の経営ノウハウ」(蒼蒼社、2008 年)

テキストのコピーはできません。