制作実績

福島へのメッセージ 低線量放射線がもたらす長寿と制癌

放射線を必要以上に怖れず、正しく理解するための書

ジャンル
医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
須藤鎭世・著
ISBN
9784344921481
判型
文庫・212ページ
出版年月日
2019/3/19
価格
600円+税

目次

Ⅰ.直線閾値なしモデルは捏造された根拠のない仮説
Ⅱ.広島・長崎の被爆者の被曝線量の過少評価
Ⅲ.広島・長崎の被爆者の生涯調査は直線閾値なしモデルを支持しない
Ⅳ.放射線が生物にとって有益なのは進化の過程で獲得した適応反応があるから
Ⅴ.低線量放射線は長寿と制癌に有効
Ⅵ.福島の汚染程度は心配するだけ損です

内容紹介

分子生物学の専門家が「〈被曝=危険〉ではない。放射線はむしろ有益である」と語り、
その根拠を明らかにする。
広島・長崎の被爆者の生涯調査が示す「直線閾値なしモデル」、甲状腺癌多発、
トリチウム水の海洋放出等に関する常識的見解に、最新データを用いて挑む。
待望の改訂文庫版

■著者略歴
須藤鎭世(すとう しずよ)
1942年8月11日神奈川県横須賀市生まれ、茨城県結城市育ち。
茨城県立下妻第一高等学校、東京大学薬学部修士課程修了後、塩野義製薬(株)、(株)野村総合研究所、
(株)野村生物科学研究所、伊藤ハム(株)、経済産業省産業技術総合研究所を経て、2003年より
就実大学薬学部教授、2015年より同大学名誉教授。
この間、米国City of Hope研究所の大野乾研究室に留学(1980-1981)、JICA専門家として
タイ国で技術指導(1988)、(株)iGENE代表取締役社長(2003-2008)。薬剤師、薬学博士、
第1種放射線取扱主任者。専門は細胞遺伝学、分子生物学。
著書(一部)
大野翠(翻訳)、須藤鎮世、山口陽子、森望、早川智(監修)『大野乾の世界』(羊土社、東京、2003)
Sutou S., Tanooka H., Doss M. (eds.) Fukushima Nuclear Accident: Global Implications, Long-Term Health Effects and Ecological Consequences. Nova Sciences Publishers Inc., New York, 2015.
『福島へのメッセージ 放射線を怖れないで!』(幻冬舎ルネッサンス新書170 幻冬舎メディアコンサルティング、東京、2017)