制作実績

作家が描いた水野家の江戸時代

水野家を紐解くことで江戸時代が見えてくる!

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344920552
判型
新書・228ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

内容紹介

山岡荘八『徳川家康』、舟橋聖一『花の生涯』、
松本清張『かげろう絵図』、平岩弓枝『妖怪』――。
数々の小説に登場する水野忠之、忠友、忠成、忠邦、忠央。
陰になり日向になり徳川幕府を支えた水野一族は
小説家たちにどう物語られたのか。
作家たちの目を通して語られた、水野家の歴史をまとめた。

戦国時代、家康の生母「於大の方」の父である水野忠政は、刈谷を足場に一族の中心となり、
岡崎の松平家と合従連衡を繰り返した。
その子孫は徳川家康の譜代大名として五つの水野家となった。江戸時代中期、幕府の財政は悪化し、
吉宗の改革の水野忠之、田沼時代の水野忠友、家斉の下での忠成、天保の改革の忠邦が老中を務め、
文化文政の最盛期を経て、幕府は衰退に向かう。また紀州藩附家老水野忠央は大老・井伊直弼と組み、
将軍家茂を実現させる。作家たちの目を通して語られた、水野一族の歴史をまとめた。

水野忠尚
1946年8月16日生まれ、東京都出身。
1970年3月一橋大学経済学部卒業。同年より株式会社日本興業銀行に勤務し、
のち2012年までDIAMアセットマネジメント株式会社監査役等を歴任。
2016年、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。専攻は経済思想。
著書に『プレデール立地論と地政学―経済のグローバル化と国家の限界』
(2018年、早稲田大学エウプラクシス叢書)、
訳書に『世界経済のダイナミズムと貿易―国際貿易理論の新しい方向への出発点』
アルフォンス・レンパー著(2003年、非売品)。
最後の沼津藩藩主で上総菊間藩に移封された水野忠敬は、著者の曾祖父にあたる。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。