制作実績

桜島山が見ている

西郷隆盛の若き日の日々を描く、長編歴史小説

ジャンル
小説 単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
三沢明郎・著
ISBN
9784344920156
判型
4-6・586ページ
出版年月日
2018/12/18
価格
1500円+税

目次

下加治屋町
島津斉彬
守れ! 日本を
道は開ける
黒船
将軍の嫁
記憶よ、深川の日々
大乱をさまよう
同志たち
左内、その呼ぶ声
すべては京都をめざす
コロリの時代の大獄
鹿児島への脱出
月照

内容紹介

鹿児島の作家が、西郷吉之助のひたむきな青春を描く。
押し寄せる欧米列強に脅威を感じた薩摩藩主・島津斉彬の命を受け、奔走する西郷吉之助は、
江戸で暮らすうちに新しい時代に希望を見出していく。
しかし、斉彬の死後、幕政の旧勢力により追いつめられていく吉之助の前途には、
苦境が待ち受けていた。

■著者紹介
三沢明郎(みさわ・あきろう)
鹿児島県在住。著作に長編時代小説『太平次 上・下』、『逃げ水の七郎太』などがある。