制作実績

若葉台団地 夢の住まい、その続き

若葉台団地は「人生100年時代」の共同体のありかたを示している

ジャンル
生活・暮らし 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344920101
判型
4-6・190ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

第1章 若葉台に越してきた頃
第2章 子どもたちが学校に通い、団地がにぎわっていた頃
第3章 「わかば通信」を始めた頃
第4章 若葉台が高齢化してきた頃の出来事
第5章 団地活性化への取り組み、取材、エピソードを住民の方に伺う
第6章 二宮団地と比べてみた
第7章 これからの若葉台について思うこと

内容紹介

三十数年住み、住民に向けた「わかば通信」を7年間、取材・編集してきた著者によるエッセイ。
かつては楽園と称されたマンモス団地・若葉台団地。
現在の住民の高齢化率は約47.8%であるが要介護認定率が12.2%ときわめて低く、
その住民の生活は注目を浴びている。
団地とともに歩んできた著者と家族、隣人の生活に、
「若葉台の住民は生涯現役」といわれる健康寿命を延ばすヒントが見いだせる。

■著者紹介
根本幸江(ねもと ゆきえ)
1952年生まれ。茨城県ひたちなか市出身。早稲田大学第一商学部卒業。三菱銀行退社後結婚。
3人の子育てをしながら地域紙や機関誌制作に携わる。2011年から地域紙「わかば通信」を発行。
「わかば通信」編集責任者。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。