制作実績

花を、慕う

その気高く美しい「花」を枯らすわけにはいかない。

ジャンル
小説 単行本 歴史・地理 エンターテイメント
シリーズ
新刊
著者
堀田冀陸・著
ISBN
9784344919846
判型
4-6・380ページ
出版年月日
2018/12/4
価格
1600円+税

目次

序 ─嘉靖九年、われ自宮(じきゅう)し、黒戸(ヘイフー)の宦官となるの事

壱 ─嘉靖十年、漁(イー)覇(パー)翁(ウェン)のもとに投じ、

        初めて曹洛瑩(ツァオルオイン)にまみえるの事

弐 ─嘉靖十三年、張(チャン)皇后廃され、翌十四年、曹洛瑩(ツァオルオイン)後宮に入るの事

参 ─嘉靖十五年、宮中へ転属となり、嘉靖帝廃佛(はいぶつ)の詔を発するの事

肆─嘉靖十八年、帝南巡中の顚(てん)末(まつ)並びに、

       翌十九年、王寧嬪(ワンネイヒン)の歓心をうばうの事

伍 ─嘉靖二十年、張(チャン)太后崩御なされ、翌二十一年、炎天に日蝕作(おこ)るの事

畢(おわる)の章

内容紹介


明朝、嘉靖帝の時代、天涯孤独の若者・王暢(ワンチャン)は宮廷に召しかかえられることを夢見て男を捨てることを決意。
しかし宮廷にはもぐりこめたものの、宦官として正式の採用ではなかったため、
与はもらえず途方にくれていた。やむなく大商人・漁覇翁(イーパーウェン)に雇われ、
麵売りの仕事につくことになるが、漁覇翁の裏の顔を知り、その支配下から逃れようともがき続ける。
そんなある日、人買いから曹洛瑩(ツァオルオイン)という娘を買い取り、窮地を救うことになるが、
なんと曹洛瑩が嘉靖帝の嬪となることを知る。
なにがあっても曹端嬪を守ろうと固く心に誓うが、曹洛瑩とともに王暢も宮廷内の陰謀に巻き込まれていく。
欲望うずまく明の宮廷を舞台にした長編時代小説。

テキストのコピーはできません。