制作実績

人生を嗜む

大切なものは、いつもすぐ近くにある。

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344919754
判型
4-6・232ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

はじめに
第一章 妻や家族とのふれあい
第二章 仕事を通して
第三章 私の半生
第四章 山との思い出
第五章 生活を彩る趣味
発刊に寄せて

内容紹介

幼い頃の記憶に残る母の姿、日々成長していく子どもたち、ずっと支え続けてくれた妻。
危険と隣り合わせの現場も多く、何度も辞めようと思いながらも
定年間際まで勤めあげた警察官としての仕事の数々。
還暦を過ぎてから挑戦した登山に加え、退職後に始めた早朝ウォーキングやエッセイ教室通い。
家族との絆、仕事でのやりがい、趣味に彩られた生活――。
何気ない日々に隠された、小さな幸せに気づかせてくれる一冊。

■著者紹介
鶴村 和夫(つるむら かずお)
昭和20年8月生まれ
昭和49年日本大学法学部法律学科(通信制)を卒業。
昭和41年神奈川県警察に採用され、警察学校に入校し、1年間の研修後、
神奈川警察署などを経て警察本部他数署で勤務。
平成17年に退職。退職後は交番相談員として5年間勤務した。
現在は趣味としてハーモニカ演奏や登山を行い、その合間にエッセイ教室に通い、
多忙な日々を過ごしている。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。