制作実績

色は匂へど散りぬるを

故郷に帰れる日を願って、
愛する人たちのために生き延びてみせる。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344918740
判型
4-6・294ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

プロローグ
新天地へ
分かれ路
流れのままに
ただ一人の人
新しい命
ひと時の家族
暗雲の中で
生きるための闘い
再びの祖国
エピローグ

内容紹介

14歳の紀代子は一家で朝鮮へと移住したが、間もなく父親が病死してしまう。
父亡き後、困窮した家族を救うために、ハルビンへ働きに出ることを決めた紀代子が
連れて行かれたのは、遊廓・千歳屋であった。
定められた運命を受け入れた彼女であったが、その先には過酷な出来事が待っていた。
異国の地で、戦争という時代の流れに翻弄されながらも、娘を守り懸命に生きたひとりの女の物語。

■著者紹介
藤本 美智子(ふじもと みちこ)
1940 年生まれ。東京都八王子市在住。薬剤師、日本語教師。
「白菊の花束」で、第15 回日本新聞協会エッセー賞受賞。
「赤いカンナの花の下に」で、第14 回ふくい風花随筆文学賞優秀賞と、
第14 回仁愛女子短期大学賞を同時受賞。
「古希に立つ」が江古田文学95 号に掲載。
他に著書「シルダリヤ川に流した赤い糸」がある。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。