制作実績

佐和山軍記

武将・石田三成、
その真の姿に迫る。

ジャンル
小説 単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344917903
判型
4-6・752ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

追憶
賤ヶ岳
越後の後嗣
小牧長久手
勇躍
九州征伐
信託
北条征伐
忍城攻め
慟哭
佐和山城
過ぎたるもの
文禄の役
大陸侵攻
碧蹄館
寒空
虚偽
暗雲
粛清
豊臣政権
亀裂
最期の懇請
内紛
襲撃
専横
誘起
旗揚げ
叛旗
銘々の挙動
戦端
停滞
衰勢
収斂
前哨戦
決意
関ヶ原
酷薄
捕縛
終局
残光
参考文献

内容紹介

石田三成の死後30年が経過した1630年、儒学者・林羅山はとある住職と出会う。かつて武士として石田家に仕えていたという住職の話から、羅山は三成の知られざる姿に迫っていく―。
我々の知る三成は歴史的に作り上げられた虚像だったのか。
現代の石田三成像を覆す、長編歴史小説。

テキストのコピーはできません。