書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

邪馬台国26XX

新刊

邪馬台国26XX

日本古代史上最大の謎を、
新たな視点で解き明かす!


目次

はじめに

第一部 倭国伝説
 第一章 謎の女王国
 第二章 倭国の侵攻
 第三章 「俀国」への疑問

第二部 葦原の中つ国の神話と伝承
 第一章 つじつま合わせが錯綜する記紀神話
 第二章 島々と国々の誕生
 第三章 神々の系譜と伝説
 第四章 英雄たちの物語
 第五章 高天原と「やまと」

おわりに

内容紹介

邪馬台国は、どこにあったのか。西暦一九四〇年から始まった皇紀二六〇〇年代は、その後の敗戦によって日本の歴史観・皇国史観を大きく転換し、学術的にも自由闊達な研究がなされる環境が実現したにも拘らず、この邪馬台国を取り巻く謎は、依然として解明されていない。現在は主として「畿内にあった」とする説、「九州にあった」とする説の2つが議論されているが、なぜ、この二つの説では所在地を解明できないのか。そもそも、この二者拓一の考え方が間違っているのではないかーーそこで本書では、邪馬台国に関連する文献資料を徹底して洗い出し、まっさらな視点でその謎を探る。『魏志倭人伝』、『後漢書倭伝』、『隋書倭国伝』、『古事記』、『日本書紀』……古代の人びとの記述に読み解く、「邪馬台国」のありかとその姿に迫る! 一気読み必須の新評論。

■著者紹介
1946年、山口県生まれ。元・周南市会議員。論文に「周南中核都市構想の実現に向けて」(徳山大学総合経済研究所・第18回懸賞論文・入選)、「地方分権どうあるべきか」(産経
新聞社・第268回わたしの正論・入選)、「戦後民主主義の盲点」(『正論』創刊25年記念「原稿募集」・佳作)ほか。著書に『日本型民主主義の展望』(1996年、近代文芸社)、『戦後シンドローム』(2002年、文芸社)、『戦後日本の盲点』(2011年、幻冬舎ルネッサンス)がある。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

原稿見積もり依頼はこちら

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部

公式ツイッター 幻冬舎ルネッサンス新社編集部

公式インスタグラム 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント