制作実績

濡れた石畳

日本タイヤの名をヨーロッパに轟かせた、男達の物語

ジャンル
小説 エンターテイメント
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344917613
判型
4-6・290ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

一 エトワール広場
二 アウトバーン
三 ラウンダバウト
四 ルイ・ヴィトンの法則
五 ユーフラテスの綿花
六 サハラ砂漠
七 事故
八 クラブ・トーキョー
九 敵を知る
十 ナポレオン街道
十一 ニュルブルックリンク
十二 バイザッハ
十三 ディレクショナル・パターン
十四 都落ち
十五 別れ
十六 タイヤ道
十七 復帰
十八 カウボーイ・ジュニア

内容紹介

日本のタイヤは、環境の違うヨーロッパにおいて「安かろう悪かろう」の立場にあった。
振動が大きく、滑りやすいパリの道路で日本タイヤの活躍する術はあるのか。
パリ駐在エンジニアとして働く山田氏は日々、頭を悩ませていた。
田宮常務や吉田部長も、時折日本から視察に訪れては、販路などについての議論を交わす。
果たして、日本のタイヤはフランスで通用するのだろうか――。
1980年代のフランスを舞台に、日本のタイヤをヨーロッパに知らしめるため立ち上がった男たち。
そんな彼等をタイヤ目線という独自の切り口から描いたビジネスストーリー。

■著者紹介
熊本県出身、東京都葛飾区在住。
1965年 都立北豊島工業高校卒業 (株)ブリヂストン入社。
1970年 日本大学理工学部夜間部卒業。
1975年以降 レバノン、エジプト、イギリス、フランス、西ドイツ(現ドイツ)、ベルギーに技術サービスとして駐在。その後、豪州、南アフリカで現地法人の代表取締役社長を歴任、以上合計23年間の海外駐在を経験。2009年 同社を退社。
2010~2016年 三井物産パッケージング(株)技術顧問。
60歳の定年を機に文学を志し、塩見鮮一郎先生、八覚正大先生に師事。
2011年文芸思潮誌エッセイ賞入選、2014年同誌エッセイ社会批評賞受賞(竹中水前)。

テキストのコピーはできません。