制作実績

人災

「県」という巨大権力に立ち向かう、一人の主婦の渾身の手記。

ジャンル
エッセイ 生活・暮らし 自伝 自分史 単行本 ノンフィクション 暮らし・健康・子育て
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344917224
判型
4-6・188ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

はじめに
序章
第一章 至福の時(フラワーパーク勤務時代)
第二章 不信、抗議、そして失望
第三章 失意の日々
第四章 再就職
あとがき

内容紹介

あの日以来、私の生活は狂ってしまった――4年間、県が運営するテーマパークにパートとして勤めていた「私」。このまま勤務を続けることを希望していたにもかかわらず、ある日届いたのは、突然の「不採用通知」だった。理不尽な圧力に「私」は抗議の声をあげたが、その声は、「県」という巨大権力を前に、ひそかにもみつぶされようとしていた……。

「人を雇うということは、決して軽いことであってはならないのだ」

繰り返される、県との応酬。やがて明らかにされる、パートタイマーの悪質な労働環境――冷徹な目で県を弾劾し、資本主義社会において「雇うこと」と「雇われること」とはどういうことかを問いかける、魂のノンフィクション。

■著者紹介
1959年、京都市生まれ。小、中、高校時代は京都府宇治市で過ごす。農学部農学科卒業。2007年にうつ病発症。現在、パート従業員として大手スーパーマーケットに勤務。

テキストのコピーはできません。