制作実績

桜花流水

美しい桜が舞い散る、廃屋の秘密。

ジャンル
小説 単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344917118
判型
4-6・220ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

桜花流水
銀河駅へ

内容紹介

東京から長野のある寒村へ越してきた輝之は、
ある日発電所の裏の沢で、桜の花びらが流れているのを見つけた。
絵を描くことを生きがいとしていた輝之は、
この沢を流れる桜の花びらの、一瞬の輝きを描きたいと強く思い始める。
沢の上流へ行くには、落石事故で死者が出て通行禁止となった
小道を登らなければならないが、輝之はそこをこっそり登っていった。

登った先にあったのは、聳え立つ雄大な雪山と、
朽ちかけたある一つの廃屋、そして庭にある四本の桜の木。
雪山に沈む夕陽に照らされた、桜の花びらの美しさに感動した輝之は、
この廃屋には何か深い秘密があるに違いないと想像しはじめる。
――これが悲劇の始まりとも知らずに。

美しい自然に魅了された青年のめまぐるしい感情の揺れ動きを、
瑞々しい文体で描いた、衝撃と感動のデビュー作。

■著者紹介
光川星純(みつかわ せいじゅん)
父親が重病のため国立高専へ進学するが馴染めず、念願だった芸術を志す。
これについて信頼していた教師から誤解され、死の淵へ追い詰められる。
苦難の日々が続くが、ふるさとの美しい自然や聖書の言葉により、人生の光を見いだす。

テキストのコピーはできません。