書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

邪馬台国近江説

新刊

邪馬台国近江説

古代近江の点と線

邪馬台国は近江にあった!邪馬台国近江説に鋭く切りこむ


目次

はじめに─「伊勢」という名の古代遺跡

第一章 今、何故「継体天皇」なのか
一、継体天皇即位一五〇〇年
二、継体天皇と近江
三、継体天皇の業績・統一国家への基礎固め

第二章 古代日本の様相
一、古代(邪馬台国前夜)の日本(倭国)

第三章 弥生時代の遺跡と集落
一、我が国の主要な遺跡
二、近江の遺跡
三、弥生集落から見えるもの

第四章 銅鐸
一、銅鐸とは何か
二、銅鐸から見えるもの

第五章  邪馬台国から大和政権へ
一、大和政権のはじまり──古代天皇実年の解明
二、「欠史八代」問題について
三、第九代開化天皇
四、天日槍について
五、息長氏について

第六章  大和政権と国家統一
一、第十代崇神天皇について──二人のハツクニシラス天皇
二、継体天皇の誕生と息長氏
三、継体天皇以後の息長氏
四、息長氏、もう一つのつながり

第七章  伊勢神宮の謎と息長氏

おわりに──「原邪馬台国」としての近江」

内容紹介

邪馬台国は近江にあった!
日本の国が形づくられていく中で、重要な役割を果たしてきた古代近江。
卑弥呼は近江で活躍し、文化は近江から発信された。
忘れられた遺跡、銅鐸の変遷、天皇の系譜――。
物事の流れを解析し、古代近江の驚くべき姿を古代史・考古学をもとにしなが明らかにする。

■著者紹介
澤井良介(さわい よしすけ)
1945年滋賀県大津市生まれ。
1969年大阪市立大学商学部を卒業後、日本 電気硝子株式会社に入社。
2005年に定年退職後、ハローワークのキャリ アコンサルタントを務める。
学生時代より古代史に興味を持ち、一時期、歴史研究会に在籍するほど夢中になる。
著書に『邪馬台国近江説 古代 近江の点と線』(2010年、幻冬舎ルネッサンス刊)。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

原稿見積もり依頼はこちら

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部

公式ツイッター 幻冬舎ルネッサンス新社編集部

公式インスタグラム 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント